ヨガで心を落ち着かせる

現代社会では何かとスピードが求められ、効率化、時短、コスパなどといった要素が重視されがちです。

だけども、スピードを重視しすぎて、せかせかした毎日を送ってしまうと、どうしても心が参ってしまうんですよね。私も以前までは、心をすり減らしながら毎日働き、ストレスばかりが溜まる一方でした。

で、そんな心の疲労がピークのときにネット(ヨガ口コミと評判)出会ったのがヨガだったのです。ヨガのようなゆったりとした動作は、当時の私にはものすごく新鮮で、「ああ、何を毎日、そんなにせかせかしてきたのだろうか」と、妙な安心感、安ど感に包まれたのを昨日のことのように覚えています。

何というか、一呼吸一呼吸に全神経を集中させられると言いましょうか、とにかく体の隅々にまで、良いエネルギーが染みわたるような、そんな感覚があるんですよね。

すると、自然と体の巡りが良くなって、以前までのどんよりとした表情も、活発なモノへと変化していきました。大げさでもなんでもなく、私にとってヨガというのは、自分らしく生きるために必要不可欠なものであり、今後も続けていくことはまず間違いありません。

ホットヨガを体験して

私がホットヨガに出会ったきっかけは、ダイエットでした。
年々、腰回りや腕などたぷたぷとしたお肉がついていったからです。
いつも「薄着になる前の、夏までには痩せるぞ!」と思っても、いざ一人で始めると飽きがきてしまい3日坊主になってしまっていたのです。
そこで、職場の同僚を誘いホットヨガの体験コースに行ってみたのです。
先生からは「湿度と温度ではじめはクラクラするかも知れないから、無理をしないでしんどくなったら休憩してくださいね」と言われていました。
部屋に入ると、湿度が高く何もしていなくてもじんわりと汗ばんでくるのです。周りの生徒さんは、レッスンが始まる前に呼吸を整えたり、軽くストレッチをしていたり自由に過ごしていました。
とても、静かで心が落ち着く環境でいざヨガが始まりました。
初めに、深い呼吸から始まりイメージとしては自分が木になっていて座っているお尻のほうから新鮮な空気をす~っとくみ上げ、古くいらなくなった空気は手放してあげるといったものでした。
先生が分かりやすい解説とともにゆっくりと教えてくださるので、心がすぐに開放できました。
しかし、そこは初心者!と思ったのは、さまざまなポーズをするときに息が止まっているのです。ホットヨガをする際、大切なのは呼吸と言われていたのですが、ポーズに集中しすぎて呼吸を忘れてしまっているのです。
特にホットヨガは湿度や温度の高い環境でヨガをするため、のぼせてしまう可能性があり深い呼吸で体温調節をしなければならないのです。
体験した日は、必死に先生のポーズについていき呼吸は上の空だったことを覚えています。
レッスン中は滴る汗、終わって着替えるときは服から汗が絞れるのではないかというほどにかいていました。

体を動かすだけではなく、心も開放してリフレッシュできるホットヨガはそれ以来週6日で通うほど私にとってなくてはならないものになりました。

ずっと肩こりで悩んでいたのですが解消

私はデスクワークをしているのですが、仕事を始めてからずっと肩こりに悩んでいました。
毎週マッサージ屋さんに通って、肩の凝りを取ってもらうくらいひどくて、肩こり解消グッズもよく購入していました。
湿布や、お灸や、またはオイルマッサージ、電動肩もみ機などを買って仕事中に湿布の匂いがしていないか、気になってしまったり、休み時間に肩もみ機をしているのを見られるのもなんだか女性っぽくない感じで正直嫌でした。周りの人たちも私が肩こりで悩んでいることが分かっているみたいで、入浴剤や、お灸、ツボ押しをお土産や、誕生日プレゼントにくれるくらいでした。そんな時に、母が地域のヨガスクールに通うようになりました。母は運動不足で通い始めたのですが、話を聞いてみると、肩こりが解消したのだそうです。私も肩こりに悩んでいたので、母に教えてもらってヨガのポーズを取るようになりました、肩を回すような動きや、四つん這いになって、猫のポーズをしたりしているうちに、体が少しポカポカしてきて、確かにすっきりした感じがしました。私も運動不足だったので、休みの日に通えるヨガスクールを探して通うことにしました。1週間に1度の午前中に通ってみると、体が少しずつ柔らかくなって、気が付いたら肩こりがなくなっていたのです。姿勢も良くなって、バストもきれいな形になってきたように感じました。肩や腰が痛くなっていたのですが、会社にいるときも、姿勢を意識するようにしたらデスクに入れていたツボ押しや、肩もみ機を使うことも減ってきました。ヨガに通うようになって、休みの過ごし方も爽やかになって、体も心も気持ちよい日々を過ごせるようになりました。

ヨガの呼吸法は難しい? 実はそうでもない

ヨガにはずっと興味があったのですが、難しそうだなとずっと思っていました。本を読んでみても、ポーズも大変そうだし、呼吸法からしてよくわかりません。だから、誰かに習ったほうがいいのだろうと思い、スポーツジムのヨガレッスンに通うことにしました。

でも、ジムのヨガはすごく混んでいました。そのジムに限らず、今はどこのジムでもヨガは人気で、とても混んでしまうのだそうです。インストラクターのポーズ見本を見たくても、他の人に隠れてしまって見えないくらいでした。インストラクターではなく隣の人のポーズを見るような感じになってしまい、途中で通うのをやめました。

とはいえ、インストラクターの「呼吸を止めないでくださいねー、最初のうちはお腹で吸っても胸で吸ってもいいですから」というアドバイスどおり、呼吸に注意していたところ、レッスンが終わってみると、リラックスできてとても気持ちがいいのです。

ポーズ見本が見えないジムでわざわざやらなくても、家でヨガDVDを見ながら、呼吸にさえ気をつければいいのでは? と気付きました。

ヨガは厳密には、胸式呼吸と腹式呼吸を組み合わせた呼吸法になるそうですが、慣れないうちは腹式呼吸でいいのだとか。難しいイメージがありましたが、最初のうちは呼吸を止めないようにさえすればよいとなると、構えずに取り組めるようになりました。

体を伸ばしながら、深い呼吸をしてみると、酸素が体のすみずみまで行き渡るような感覚がして、簡単にリラックスできます。ハマってしまい、もう何年も続けています。